転職準備のすすめ!

入念な準備で転職を成功させよう

飲食への転職は慎重に

転職活動の手助けとして

当サイト管理人はこれまでの本人の転職の経験や、友人や家族の転職をサポートしてきた経験を通して学んできた転職を成功させるためのポイントを伝えるために当サイトを運営しています。なお何か当サイトにお問い合わせがある場合はtensyoku_susume@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

将来の展望が薄い飲食業界

2016.10.20離職率が高い業界特集

見えない将来の展望

飲食業界の仕事も転職が多く離職率が高いことで有名で、それと言うのも飲食の仕事はきついことが多い割に雇用条件が恵まれていないことが多く、年齢が上がってもそうした状況が改善されるわけではないため、将来への展望が見えずに辞めていってしまう人が多いのです。

将来の展望が薄い飲食業界

長い労働時間と少ない休日

飲食店で働いていて大変だったりきつく辛かったりすることはたくさんあるのですが、その中でも退職理由として取り上げられることが多いのが労働時間の長さと休日の少なさです。一般的な事務の仕事であれば休みは週に2日もらえますし、仕事時間も休憩を除いて8時間程度で朝9時に出勤すれば18時過ぎには帰れます。しかし飲食の仕事はこうはいかず、まず休みに関してはほとんどありません。週に1日でも休みが確保できれば良い方と言って良いでしょう。なぜならまず世間一般が休みを取る土日や祝日はお店が営業している場合が多いからであり、そして平日もなかなか簡単には休めません。また営業時間だけ出勤すれば良いと言うわけでもなく、営業時間の開始前や開始後にも掃除や片付け、食材の下ごしらえ、レジ勘定などの仕事があります。またランチタイムも営業をしているお店の場合、必然的に営業時間ものびてしまいます。このような事情があるため飲食店で働きだすと忙しくなってしまい、プライベートのための時間はほとんど持てません。

仕事がきつく体調も崩しやすい

また飲食店の仕事は一般的にかなりの力仕事であり重労働です。そして労働時間も長いので体力的にも相当しんどく、体調も崩しやすい仕事です。実際に馴染みにしているお店の店員さんが体調不良などの理由で退職されたことを聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。
またチェーン展開をしているお店の場合本部からの末端店舗への締め付けも厳しく、体力が落ちている中で怒鳴られると精神も参ってしまいうつ病などの形でメンタルを病んでしまう方も大勢います。

給与が安い不安

それに飲食店の仕事はよほど特殊な場合を除いては給与もそこまで高くはありません。基本的に修行時代は薄給と言ってもよく月収が20万円に行かない場合も沢山あります。これでは将来に備えて貯金することもできませんのでもし何かあって体調を崩されてしまうと不安になってしまうのでしょう。また将来結婚して家庭を持ちたい、子供も欲しいという気持ちが強かったとしてもお金を理由に諦めてしまう人も多く、全般的に将来への希望を持ちづらいのが悩みと言って良いでしょう。

今注目されている求人サイト

  • 介護業界への転職を成功させたいのであればアフターサポートまで含めて各種サポートが充実しているきらケアを使うと良いでしょう。転職活動を終えたのにもかかわらず転職先とトラブルが生じてしまった場合にもきらケアの転職エージェントの方はサポートをしてくれます。