転職準備のすすめ!

入念な準備で転職を成功させよう

美容師の転職準備

転職活動の手助けとして

当サイト管理人はこれまでの本人の転職の経験や、友人や家族の転職をサポートしてきた経験を通して学んできた転職を成功させるためのポイントを伝えるために当サイトを運営しています。なお何か当サイトにお問い合わせがある場合はtensyoku_susume@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

キャリアアップを図る人が多い美容師業界

2016.10.08離職率が高い業界特集

転職の多い美容師

美容師も転職が多く離職率の高い仕事として有名であり、例えばずっと担当をお願いしていた美容師の方が急にお店を辞めてしまって困ってしまったという方は多いのではないでしょうか。また担当をしてくれていた美容師の転職に合わせて、自分が通うお店を変える方もいます。美容師が提供するサービスはお店のブランド以上に個人の力量が大きく、お客さんもお店ではなく個人につくビジネスと言えるでしょう。
ちなみに3年以内の美容師の転職率は他の業界に比較して非常に高く、約80%前後と言われています。美容師のキャリアはアシスタントから始まり、徐々に担当させてもらえる仕事の範囲が増えていってやっとカットを担当させてもらい1人前になるのですが、1つのお店でアシスタントから1人前になるまでの期間を過ごすケースは稀と言えます。

キャリアアップを図る人が多い美容師業界

キャリアアップのための転職

美容師という職業に就く人たちがどうしてこうも転職を繰り返してしまうのかという理由についても見ていきましょう。まず大きな理由として美容師の業界慣習的に店舗を変えることをきっかけにキャリアアップを図っていくのは一般的なことだと言えます。その最たるものはもはや転職とは言えないかもしれませんが、お店を辞めた後独立して自分の店を持つことでしょう。そこまでではなくとも、腕が良く担当のお客様も多い美容師の方の場合他のお店から引き抜きがかかることがあります。また自分から積極的に転職をするような場合にも、他のお店に凄く腕の良い方がいてその方に憧れ技術を学ぶために転職をするというような場合も多いのです。

収入問題での転職

上記はポジティブな理由での転職と言えますが、その他にネガティブな理由での転職も残念ながら多く、例えばお店の給与が凄く安いので転職せざるえないという美容師の方も大勢います。2012年の統計によれば日本人の一般的な平均年収は約471万円です。しかしこれが美容師の平均的な年収になると約282万にまで下がるのです。

人間関係での転職

またこれは美容師に限った話ではありませんが、職場の人間関係でトラブルが生じてしまいお店を辞めて転職をする人も多いのです。1店舗あたりに勤務する美容師の人数は数人から多くても十数人でありその中で人間関係のトラブルを起こすと挽回が難しく辞めざるえなくなってしまうのです。

年齢の問題での転職

また最後の理由に美容師の仕事の特性として、年配のお客様を持っている人以外は年齢が上がるほど仕事がしづらくなり担当も減ってきてしまうという問題があります。そうなってしまうと、もうお店の中に居場所がなくなってしまいますし辞めざるえなくなってしまいます。

今注目されている求人サイト

  • 介護業界への転職を成功させたいのであればアフターサポートまで含めて各種サポートが充実しているきらケアを使うと良いでしょう。転職活動を終えたのにもかかわらず転職先とトラブルが生じてしまった場合にもきらケアの転職エージェントの方はサポートをしてくれます。