転職準備のすすめ!

入念な準備で転職を成功させよう

転職前に考えたい介護の離職率

転職活動の手助けとして

当サイト管理人はこれまでの本人の転職の経験や、友人や家族の転職をサポートしてきた経験を通して学んできた転職を成功させるためのポイントを伝えるために当サイトを運営しています。なお何か当サイトにお問い合わせがある場合はtensyoku_susume@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

賃金と労働が見合わない介護業界

2016.10.07離職率が高い業界特集

介護業界の離職率

介護業界の仕事は社会にとってなくてはならない仕事であるにもかかわらず人気がありません。そして残念ながらきつい・汚い・危険の3Kのイメージも強く、離職率もとても高い業界です。厚生労働省が調査し発表した情報によれば業界や職種を問わない全産業の離職率は平成18年の段階で16.2%、平成23年の段階では14.4%でした。しかしこれが介護業界に限定して統計をだしますと平成18年の段階で20.3%、平成23年の段階では16.1%と全体の平均に比較して2%から4%高くなってしまうのです。

賃金と労働が見合わない介護業界

離職率が高い理由

どうしてここまで介護業界で働く方の離職率が高くなってしまったのかも見ていきましょう。まず一般的には正社員の方は雇用も安定しており派遣社員や契約社員よりも離職率が低い場合が多いのですが、介護業界で働く方は派遣社員や契約社員の場合も多いため離職率が高いと言われています。またその他の理由としては単純に介護業界の仕事は雇用条件の悪い仕事が多いというのもあるでしょう。特に経営者が私腹を肥やすことだけを目的に運営されているような施設で働いてしまうと基本給は低いし手当はつかないし、それでいてサービス残業は多いという酷い状況に追い込まれる場合もあります。また介護の仕事は高齢者の方の生活介護が多くなるのですが、寝たきりの方の介護の場合は車椅子への移動や入浴補助などのときにとても体力を使います。しかしそうであるにもかかわらず介護の仕事をしている方は女性の比率が高いため、身体がしんどくなって辞めてしまう場合も多いのです。また施設勤務の場合、そこで暮らしている高齢者の方が多いので当然夜勤の仕事も発生します。若いうちであれば体力もありますし夜勤も夜勤手当がもらえるので喜んでやるという方が多いのですが年齢を重ねるほど夜勤は身体に堪えるようになるので、そうした部分できつくなり辞めてしまう方が多いのでしょう。

状況の改善が急がれる

世界でも稀な勢いで社会の高齢化が進む日本にとって今介護の仕事はとても重要な仕事であり、介護職に就く方を増やすためにも離職率の低下はとても重要なテーマになります。いくら介護の仕事に関心を持ち実際に転職してくる方の数を増やしても離職率が高ければ穴の開いたバケツで水を汲むようなことになってしまいます。介護の仕事をする方の離職率が高い理由は大きく分けると仕事の大変さと給与の安さに分けられますが、ともにどれだけ効率的に施設運営をできるかで大きく改善が可能です。そういった意味では働く人にとっても良い環境と言える介護施設の増加が重要なポイントと言えるでしょう。

今注目されている求人サイト

  • 介護業界への転職を成功させたいのであればアフターサポートまで含めて各種サポートが充実しているきらケアを使うと良いでしょう。転職活動を終えたのにもかかわらず転職先とトラブルが生じてしまった場合にもきらケアの転職エージェントの方はサポートをしてくれます。