転職準備のすすめ!

入念な準備で転職を成功させよう

準備期間の目安は3ヶ月

転職活動の手助けとして

当サイト管理人はこれまでの本人の転職の経験や、友人や家族の転職をサポートしてきた経験を通して学んできた転職を成功させるためのポイントを伝えるために当サイトを運営しています。なお何か当サイトにお問い合わせがある場合はtensyoku_susume@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

転職活動は3ヶ月以上を目安にしよう

2016.12.29転職準備期間の心得

転職活動は準備が大事

いざ転職活動を行おうとした時に、いきなり書類提出や募集企業の人事担当者との面接はできません。そのような転職活動の本番にいたるためには様々な事前プロセスを踏まなければならないのです。もちろんどんな仕事に就くのでも構わないし、すぐにでもお金が欲しいので目に付いた求人広告に手早く申し込むという人もいるでしょうし、人からの紹介があるのですぐに転職が決まったというような人もいるでしょう。しかしそれらは特殊な場合であり、特に今の職場に不満があったり今後就きたい仕事があったりしてキャリアの見直しのために転職を行うのであればそれなりの準備期間が必要です。

転職活動は3ヶ月以上を目安にしよう

スケジュールを立てよう

基本的に転職活動には当初自分が想定しているよりも多くの時間がかかると思っていた方が良いでしょう。実際に必要最低限のやることだけを見てみてもまずは求人情報を収集し、その中から自分が行きたいと思う企業を探さなければなりません。良さそうに見える企業が意外と多く、このプロセスだけでも迷い出したりしたら非常に時間がかかります。そして応募先が決まったとしても提出書類を作成し、送付した後に面接を複数回行うことになり、そこで結果が良ければ内定という流れです。そしてこれらの活動を在職企業の仕事や引き継ぎ、退職手続きなどと並行して行わなければなりませんし、もし転職に伴って引越しなどもある場合はそれにも時間が取られます。
このように転職活動にはそれに付随して行うことが多いため、スケジュールを立てることがとても重要になるのです。

目安は3ヶ月

上記のように転職活動の期間は非常に忙しくまた行うべきことも多いので、それなりに長期化する可能性が高いことが認識できたら次は具体的な話に進みましょう。特にどの程度の準備期間を設けるべきかという点が大切になるのですが、最低でも3ヶ月間から半年は欲しいところです。転職活動を開始してから実際に転職をして次の勤務先に出勤できるようにするにはそれくらいかかるものであり、例えば春頃に転職を志したらそれを終えられるのは夏から秋にかけてということです。

スケジュールの注意点

なおスケジュールを立てるときの注意点なのですが、自分の転職だけではなく退職に伴う引き継ぎもきちんと終えられるようなスケジュールを立てるようにしましょう。どうせ辞める職場だからと引き継ぎをおろそかにする人も大勢いますが、どこで再び縁があるかわかりません。また収入面の視点からなるべくボーナスの支給直後に退職できるようにすると転職時の出費にも対応できて良いでしょう。

今注目されている求人サイト

  • 介護業界への転職を成功させたいのであればアフターサポートまで含めて各種サポートが充実しているきらケアを使うと良いでしょう。転職活動を終えたのにもかかわらず転職先とトラブルが生じてしまった場合にもきらケアの転職エージェントの方はサポートをしてくれます。